そういう人になるということ

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し古い話になりますが、

831日は、eugeneさんの送別会でした。

入社時の面接の時から惚れ込んでいた人だったので、別れの日が来るのが嫌で嫌でたまらなくて毎日を過ごしていました。

そして当日、その時は来てしまいました。涙あり、笑いあり、のすごく素敵であたたかい送別会でした。

皆が、eugeneさんに抱く気持ちが一致していて、だから悲しみも共有できて、なんだか一致団結した瞬間でもありました。

あるお店の2Fが会場だったのですが、1Fの階下に座っていたお客さんは、我々が繰り返すeugeneさんへの感謝の言葉、スピーチを静かに聴いていてくれたそうです。(後でお店の方がおっしゃっていました)

皆の気持ちが一つになったのは、eugeneさんの仕事への姿勢、人柄、考え方、それが皆にしっかり伝わり、皆がそれを認め、尊敬したからこそのことだと思います。

 

人から信頼されたい、できればそうありたいと私も願っています。きっと人は皆そう願っていのではないでしょうか。

ではどうすれば人から信頼されるのか。

それは信頼される人になる、それしかないのだ、ってことをeugeneさんが証明してくれた気がしました。

なぜ信頼してくれないんだろう?そう言っている人に信頼されている人がいないのと同じですで、信頼される人というのはその姿を見せるだけでいいのです。

「そういう人になりたいなら、そういう人になるしかない」これがすべてだと思います。

 

eugeneさん、ほんとに最後まで勉強させてくれてありがとう。

3年間、お疲れ様でした。これからもずっと友達でいてください。

 

パチョリ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://118.82.100.74/cmt/mt-tb.cgi/2814

コメントする

このブログ記事について

このページは、ten-nineが2011年10月14日 12:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スタバが安い」です。

次のブログ記事は「何が評価されるのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ